まとまった時間がなくても大丈夫!効率よくドラクエウォークを楽しむ方法

スポンサーリンク
Pocket


お買い得セット販売中!大好評こへぱんの通販はこちらから!



一昨日配信スタートしたドラクエウォークですが、タイトル通り「歩く」、というのがあまり出来ないから、とやり始めていない方も多いと思います。
まぁドラクエファンの年齢層を考えるとそれが普通ですよね。

ですが、実際はあまり移動しなくても結構効率良くゲームを進める事が出来ますので今回はその方法を書いていきたいと思います。

移動しなくてもプレイ出来る

まずゲームをスタートしてチュートリアルを進めていくと、クエストを進めるよううながされます。

その時に移動する場所を指定する必要があります。

僕自身がそうだったんですが、
「えっ、今移動できんし目的地とか決めれん(;´Д`)」
となるかもしれませんが適当に一番近くにでも設定してしまいましょう。
目的地はいつでも設定しなおせます(・∀・)

そうするとクエストがスタートし、移動しなくても定期的(3~5分ごと)に近くにモンスターが現れるようになります。
移動できなくてもマメに起動してレベルアップしていきましょう(・∀・)

基本は常に「ウォークモード」

順番がやや前後しますが、少しストーリーを進めると移動している時に勝手に敵と戦ってくれる「ウォークモード」が使えるようになります。
このモードだと常にオートバトルになってくれて戦闘中画面を触る必要がありません。

なので移動していない時でもこのモードにしておくと現れた敵をタップするだけでいいので仕事中でも仕事に影響が出る事もなくこっそりプレイ出来ると思いますw
僕自身スマホをビニール袋に入れてパンの成形をしながらレベル上げてます(゚∀゚)

少し離れた所にいるモンスターはタップしよう

円の範囲外にモンスターが現れる事がありますが、タップするとこちらに近寄ってきて戦闘することが可能になります。

タップしたら寄ってくる。

作戦は「バッチリがんばれ」「いのちだいじに」

一人のうちは時折やくそうなどで回復する必要がありますが、最初に仲間になる僧侶がホイミを使えるので一人仲間が増えるとレベル上げが一気に楽になります。
なぜなら僧侶は杖装備で「こうげき」をしたら?(これ条件がよく分かりません、誰か教えて)MPが回復しますので回復だけならMPがなくなる事はまずありません。

オートバトルの時は僧侶だけ「いのちだいじに」しておいて他のキャラは「バッチリがんばれ」(MPを節約したい時は「MPつかうな」)にしておけばノータッチでレベル上げが出来るようになります(・∀・)

4人になってもこの作戦で大丈夫。

設定をチェックしておく

地名の表示の有無や、バッテリーセーバーなど色々な設定があるので自分好みにカスタマイズ!
マイレージに影響する「いつでも歩数カウント」は必ずONにしておきましょう。

移動出来る時に一気にクエストを進めよう

そうやって仕事を頑張りながら?、レベル上げも頑張っておくと、そこそこレベルも上がっていると思います。
移動出来るようになった時にドンドンクエストをクリアしていきましょう。

導きのかけらはいらない!最寄りの場所に設定しよう

クエストの目的地を指定する時に「導きのかけら」をもらえる数が違いますよね。

近くだと少ないけど…。

心理的に多くもらえる所に設定したくなるのですが、戦闘一回ごとに10ポイントもらえてすぐ余るので遠くに設定する必要はありません(´_ゝ`)

移動時間は限られていますし、クエストを進める事により仲間が増えたりします。
なるべく近くに設定して可能な限りクエストを進めましょう!
推奨レベルを気にしながらやれば大体大丈夫です!

推奨レベルを超えてたら多分大丈夫。

現れるモンスターはクエストに依存する

移動可能な時間が終わるとまた地道なレベル上げに戻るのですが、好きなクエストを進行中にしましょう。(目的地はどこでもOK)

なぜかというと進行中のクエストに応じて現れるモンスターが変わるからです。

大体は最新ストーリーに設定するのが一番効率が良いのですが、中途半端なレベル帯の場合であったり、レベル上げには厄介なモンスターがいる場合、そして欲しいモンスターのこころがあったりする時もあると思いますのでサブクエストも含め登場するモンスターをチェックしてクエストを選びましょう(・∀・)

色んなクエストをチェック!
ヤバそうならすぐ変更しましょうw
こへたろう
仕事で拘束時間が長くてもそれなりに楽しめる仕様になってますね。
こへたろう
やりたくてもこの時間すらとれない?
それはさすがに生活環境を見直した方が…。

お買い得セット販売中!大好評こへぱんの通販はこちらから!

ABOUTこの記事をかいた人

1980年徳島生まれ徳島育ち。妻と息子2人(8歳と6歳)と暮らしながらパン屋を経営しつつ他の収入を模索中。 子供と虫や魚を捕まえまくった結果我が家がプチ動物園に。 ブログではほとんど書かないと思いますがビートマニアとシューティングも好き。